本文へスキップ

医療法人 瀬戸医心会   三好整形外科医院は、一般整形外科を中心に東洋医学、内科、脳神経科等を取り入れた総合医療を展開しています。

TEL. 089-994-7111

〒799-2468 愛媛県松山市小川甲82

変形性膝関節症henkeiseihizakansetusyou

膝の水に注意

Ⓐ膝に水が溜まるから膝が痛いのではなく膝の摩擦等による炎症で水が溜まります。

Ⓑ膝に水が溜まり何度も水を抜く治療をしているとそれが習慣となって改善しないので水が溜まらない治療を西洋医学・東洋医学等あらゆる方法で治療を進めていく必要があります。水が溜まらなくなると痛みも減ります。

Ⓒ運動療法はほとんどの方がテレビで見ると思いますが誰にでも当てはまる訳ではなく水が溜まっている時・熱感がある時・痛みが強い時等は中止しなければなりません。

膝の注射は副作用が強い?

膝への注射は現在のところ主に2種類あります。一つは軟骨の保護剤のヒアルロン酸で、もう一つは炎症を抑えるステロイドホルモン剤ですが、どちらの注射も医師と相談して使用すれば心配ありません。

薬や注射で軟骨が再生するの?

炎症を鎮めて痛みをやわらげたり、軟骨の摩耗を少なくしますが、軟骨を再生する効果は残念ながらありません。

健康食品で軟骨が再生するの?

そのような研究結果は明らかにされていません。

膝は温めた方がいいの?

基本的には入浴などで温めた方が良く、歩きすぎたりして熱感が強ければ氷嚢などで冷やしてください。また、最近の湿布は「経皮的消炎鎮痛剤」といって、痛み止めが皮膚からしみこむタイプのものが主流です。この方が従来の温感や冷感湿布より効果的です。

よく歩いた方がいいの?

痛みをがまんしての無理な歩行は、かえって膝を痛めます。膝に負担をかけずに運動しましょう。

医療法人瀬戸医心会 三好整形外科医院

〒799-2468
愛媛県松山市小川甲82

TEL 089-994-7111
FAX 089-994-7121
診療時間
8:00~12:30 (休診日:日曜、祝日)