三好整形外科医院は、一般整形外科を中心に東洋医学、内科、脳神経科等を取り入れた総合医療を展開しています。

新型コロナウィルス対策

  • HOME »
  • 新型コロナウィルス対策

患者様への対策について

1.当院では受付時に手指消毒と検温、マスク着用のお願い、コロナ対策用問診票の記入をして頂いております。

2.熱が37℃以上の方や風邪症状のある方は車内等で待っていただき、電話にて診察をしています。

 風邪症状や味覚・嗅覚障害のある方は、状況によりドライブスルー方式でPCR検査を予定しています。

3.薬の処方のみご希望の方は電話で受付をし、郵送での対応もしております。またオンライン治療も予定しています。

4.冬季にはインフルエンザも流行すると思われますので、これまで以上の感染症対策を行っていきます。

病院内での対策について

1.病院内の換気や消毒を徹底し、手洗い、手指消毒、マスクは状況に応じて着用の上、職員の家族に至るまで健康管理を行っています。濃厚接触者との交流のある方、クラスターの発生した地域や県外への出張や体調不良等、何かあれば出勤前に上司に相談・報告をし、発熱や体調の悪い方には即時休んでもらっています。

2.患者様と接する仕事であることを自覚し、会食での3密を回避する等、責任ある行動をいつも心掛けるようにしています。

3.国内・愛媛県・松山市等のコロナ情報は毎日把握し、十分な取り組みをしています。

4.毎年恒例の海水浴場でのBBQ・多人数でのスポーツやミーティングは、3密対策のため今年は中止しております。

 

令和2年9月吉日

 

インフルエンザと新型コロナウイルスの相違

インフルエンザ 新型コロナウイルス
ワクチン 希望者は可能 R3年2月頃の予定
検査試薬 10秒~5分で判定 PCR検査は6時間後
治療薬 これまでの内服・点滴に加えて2年前から塩野義製薬から効果の高い内服薬が発売されている アビガン・レムデシビル・デキサメタゾン等を使われているが効果は不十分
内服:タミフル 吸入:リレンザ・イナビル
点滴:ラピアクト 
新薬:2年前に発売の塩野義製薬ゾフルーザ(成人1回2錠)が効果が高い
症状 症状でほぼ推測される 症状が多彩(無症状・軽症・重症)
死亡率 約0.1% 2%
パンデミック 非常に感染力が強く、季節にもあまり影響されない
経済損失他 あらゆる産業に甚大な影響を与え、経済的損失が大きく風評被害も問題になっている
後遺症の問題 非常に少ない 種々の後遺症に苦しむ人が多い
嗅覚・味覚 障害 殆ど症状なし 症状が出るケースあり

 

※ 院長自ら医師会主催のPCR検査や保健所との連携によるPCR検査を実施しています。

PAGETOP
Copyright © 三好整形外科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.